VITROCELL® 12/12Exposure Module

Vitrocell_12-12_017a_Schatten.jpg

VITROCELL® 12/12モジュールは、哺乳類動物に由来する細胞にエアロゾルガス、たばこ煙等の混合物、ナノ粒子、あるいは粉塵などの空気中に存在する物質を直接ばく露させる研究のために開発された装置です。実際には通常一台のモジュールの中でそれぞれ3ウェル(3×3)を被験物質のばく露用に使用し、残りの3(3×1)ウェルはクリーンエア対照用に使用します。また、各モジュールで異なる濃度の被験物質をばく露でき、一回の実験で濃度段階別・用量別の反応データを得ることができます。細胞はALIに設置された6つのセルカルチャーインサート上にて、低流量のエアロゾルでばく露されます。ばく露終了後、細胞毒性、遺伝毒性、細胞増殖性、酸化ストレス、炎症などの様々なエンドポイントで解析します。 (VITROCELL® アッセイガイド参照).

培地供給

培地はモジュールに静的(重量法/シリンジ)で、または培地ポンプを用いて断続/連続的に供給・交換される2パターンあります。

Vitrocell_12_ss.jpg
Vitrocell_12-12_036a_Schatten.jpg
Vitrocell_12-1_CF_004_Schatten.jpg

ベースモジュールは、電解研磨済ステンレス製で、121° C (250° F)で20分間オートクレープ可能です。この12ウェルサイズは12ウェル (4x3)モジュールタイプ用に製造されている商品です。モジュールの使い方は様々であり、ばく露用に最大4ウェルを使用できます。また、ばく露用に3ウェル、クリーンエア用に1ウェルなど組み合わせて使用することも可能です。さらに透明なコントロールウィンドウは、培地量のモニタリングを容易にします。特別なアダプターを併用し、24ウェルサイズのインサートを組み合わせることができます。電子温度制御を使用し、モジュール内の一定温度を可能にしています。各列(3×4)に培地を供給することができます。

オプション:濃度測定用マイクロバランスセンサー

Petri_dishes_4_0004_w_HG.jpg

セルカルチャーインサート(12ウェルサイズ用利用可能なアダプター)

24ウェルサイズ用インサート

Abstract_0834.jpg

優れたシーリング加工や接続技術により、エアロゾル発生器とトップモジュールの接続において、高い気密性を実現しました。また、ナノ粒子を含むエアロゾルガスを考慮し、特別に設計されたVITROGLIDEステンレス製インレットを使用しています。エアロゾル発生器から、分配/希釈装置に接続されています。制御された真空フローを使用し、小さな排出口を介してモジュールからの排出が行われます。真空ポンプに接続されたVITROGLIDE® 校正バルブは、流量を効果的に制御します。また、トップモジュールに高品質のアルマイト処理されたアルミニウムを使用し、さらに水回路を加熱するための供給口/排出口の装備により、高精度な温度制御が可能になりました。

Top module

  •  

  • COSTAR®製, FALCON®製 and ThinCert®製の 12ウェルサイズのセルカルチャーインサートに対応 

  • 全ての部品がオートクレープ可能

  • 電解研磨済処理済ステンレス製ベースモジュール

  • 電子加熱回路システム

  • ベースモジュールとトップモジュールに加熱回路を内蔵

  • インレットの双曲面形状により最適化された粒子吸着と拡散を実現

  • 培地レベルをモニタリングするためのコントロールウィンドウ

​特徴