VITROCELL® Cloud MAX

ミスト量を最小限に抑え、かつ高い吸着効率を実現

_DSC4852_korr_bearb.jpg

エアロゾル発生器用(タッチパネル式)コントローラーが内蔵されています。

VITROCELL® Cloud Alpha MAXは、VITROCELL® Cloudモデルの最新のイノベーションであり細胞培養の自動ばく露に大きな飛躍をもたらし、高い蒸着効率と使いやすさを兼ね備えた装置になっています。そのため、VITROCELL® Cloudフォーマット(6、12、24ウェル)の機能にもあるオールインワンのコントロールで自動化されたプロセスが可能になります。Air/Liquid Interfaceでの実験はかつてないほど容易になりました。

新しいCloud Alpha Maxは、セルカルチャーインサート(6、12、24ウェルサイズ)上で細胞(哺乳類動物に由来する)をばく露する装置であり、多くのお客様からのご要望に応えるため開発されました。クラウドシステムは、溶液や懸濁液の噴霧に適しています。ウイルス研究、吸入薬のスクリーニング、化学物質やナノ粒子などの吸入物質の毒性実験、この類のアプリケーションに適しています。

Ideal for small quantities of test substance

少量の試料実験に最適

_DSC4959-a.jpg

VITROCELL® Cloud Alpha MAXは、ミスト量を最小限に抑え、さらに効率的かつ高い吸着効率を発揮するように設計されています。そのため、高価な試験物質を使用する場合、少量の試験物質で実験したい場合に適しています。また、ばく露チャンバーへの直接的な噴霧で、細胞以外への余分な噴霧を防ぐことができます。ネブライザーが3つ付いているため、3つの濃度の同時テスト、またはマイクロバランス、コントロール、試験物質の懸濁液の組み合わせも可能です。